1. .

スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

陶器へのペイント

2010.01/14/Thu 19:29:55
陶器へのペイントは、普通のアクリル絵の具では 
プラスチックへ描くのと同様絵が定着しません。
プラスチックへのペイントは 以前のエントリーで水がかかっても
剥げにくい方法を見つけて 描いていますが、

陶器は、釉薬を使い、800度?1200度のガス釜で焼成する方法
下絵付けのポタリーペインティング、白磁ペイント、
上絵付けのチャイナペイント ポーセリンがあります。

【友人のワールドポタリーアートの日野道子先生の陶器の作品です。】
本を出してますので 表紙の画像です。
陶器の本

【13年くらい前に描いた自作】
拙いですが 私が 13年前ほどに描いた陶器
実際に使って 活躍中です。特に薔薇の大皿は
てっさ(フグの薄造り)を盛り付けても とっても綺麗なので お正月には必ず使ってます。

自作陶器

ガス釜なんて 普通の家庭でそうそう購入して置けませんし
30万円位しますし・・・高ぁーーー
大昔のオーブン電子レンジ並み 昨今じゃオーブンレンジは 3万円ほどで買えるのに

ガス釜をを使わず 
自然乾燥、または200度位のオーブンで焼く絵の具が出てますので
今までに 自身とモニターを実施し 使ってみましたが やっぱり
オーブンで焼く位じゃ だめですね。
ペラっとめくれるまで行きませんが 所々剥げてきてます。

【モニター用陶器】
そこで 最近つうか 1年前くらいに販売された絵の具を使い
絵の具の粘性が高いので モニター結果が楽しみです。
モニター陶器


ランキングに参加しています



FC2Blog

トールペイントComment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://tolepaintgoods.blog63.fc2.com/tb.php/57-facde6d7
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。