1. .

スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

ハプスブルクの宝剣-宝塚観劇-

2010.02/02/Tue 22:47:01
先日 1/28宝塚の『ハプスブルクの宝剣』を観て来ました。
去年よりチケットを購入し 待ち待ったミュージカルです。
画像は、兵庫の方は、公演が終わってしまったので 東京公演の画像です。
056158.jpg

別段 宝塚が、好きというわけではありませんが、
去年も『太王四神記』を観てますの 好きな部類に入るのかも

ただし 熱狂的なファンではありません。
劇場のエントランスには、熱狂的なファンの人達が
好きなスターの名前入りクリアファイル?を持ってるのを見かけますが
どの組のスターが、誰なのなのも 知らないといった 薄情なファンであります(笑)

なのに なんで観に行ったのか?
原題の『ハプスブルクの宝剣』の小説のファンなんです。

藤本ひとみさんの小説が大好きで
『ハプスブルクの宝剣』は、4回読みました。4と言う数字は縁起が悪いので
もう1回くらい読んでみようかなと・・・

ヨーロッパの歴史の大河ドラマ級の内容です。
映画になったら どれだけ迫力のある映像になるのかと思うほど大作です。
マリーアントワネットが映画になったのに
これが映画ならないなんて・・・やはり想像上の人物だからかな?

主人公のエドゥアルド(エリヤーフー・ロートシルト)は
小説の中では、拷問の末 隻眼になってしまうんですけどぉ?
宝塚歌劇の劇中では、そうではありませんでした。

漆黒の長髪に、隻眼、顔は、超イケメンの設定です。

小説の中の文字だけを 追ってるだけなんですけど
イケメンと思い浮かぶのは、作者の描写が上手なのか?
私のほうが、想像力が豊かなのか???(笑)

友人いわく

『片目では、舞台で怪我するからちゃうの?』
なーるほど そういわれりゃそうだ!


舞台は、さすが 宝塚 キラキラと輝くラインストーンがいっぱいの
華麗なドレス
キラキラのラインストーンを見て マイケルジャクソンの手袋を
思い浮かべたのは、マイケルのDVDの観すぎかも?(笑)
F2009112317065701423.jpg


↓1日1回バナーをクリックしてください*^.^*



FC2Blog

徒然Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://tolepaintgoods.blog63.fc2.com/tb.php/63-bcd9c7d9
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。